近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には

近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。という段階を踏みます。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。

こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院ごとにずいぶん違っています。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。それでも、相場はあると言えます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。

インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。高い費用も、一括払いには限りません。

多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。

全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるしかありません。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、医療機関で必ず発行している領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。

麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。

日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところまだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。それは気にしないでください。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

こちらから