インプラント治療による危険性を聞い

インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。

このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。

院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。

自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。

一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けるというのもありえます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたので私の場合は、インプラントが最適でした。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。それは、誰にでも適用できる治療法ではないという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が必須といえるでしょう。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくのは必須です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

www.kisekinatsu.jp